2008年05月08日

手作りお菓子

無題.bmpフィリピーナの彼女が気紛れに
作ってくれるデザートがあります。
【マンゴグラハムス】というスィーツです。
作り方は至って簡単。
グラハムスクラッカーというバター風味の
クラッカーを砕いてタルトの生地みたいな物を作り、
それの上にスライスしたマンゴを載せ、それに練乳をかける。
以上の繰り返しで何層も出来たものを冷蔵庫で
キンキンに冷やします。

たったそれだけ。

練乳がメチャメチャ甘いのですが、冷えたマンゴの
さっぱりとした甘さと、しっとりしたクラッカーの生地が
マッチしてお腹いっぱいまで食べれちゃいます。
甘党の私は大好物です。

彼女曰く「お母さんの味なの。家庭毎に味が違うのよ。」
と懐かしそうに言ってました。
日本でいうと、子供の頃母が作ってくれた蒸しパン
の様な物なんでしょうか。

「masarap diva?(美味しいでしょ?)」と言う彼女の顔は
何だかママの顔になっていました。

posted by ハルゥ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

バーベーQに非ず

bananaq.jpg

彼女が頻繁に作ってくれるデザートの一つに
このバナナQがある。
グリーンバナナという料理用バナナを油で揚げて
それに三温糖だかザラメだかを塗してある。
作り方は多分そんなところだろう。

なぜ、多分かと言うと、彼女自身が電話で作り方を
私に聞きながら作っていたからである。
「ねぇねぇ、砂糖はブラウンが良いの?それともホワイト?」
解る訳がないだろ、と突っ込みたいが、誰かとワイワイ言いながら
何かをしたがるのもフィリピーナの特徴なので諦めた。

見た目は大学芋っぽく味も其れに近い部分もある。
意外と旨くて、全部平らげたら彼女も喜んでいた。

フィリピンでは写真の様に串に刺して、道端で売っている。
1本が4ペソぐらいだとか。

因みに、なんでバナナQって呼ぶの?と尋ねると
「バーベQみたいだけど、お肉の変わりにバナナだからね。」
との返答。

なるほどね。


posted by ハルゥ at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。