2008年06月01日

私のために唄いなさい

フィリピーナの特徴だと思うのだけど、
恋人とか、恋人と思わせたい男(鴨)に頻繁に言うのが
「私の為にこの唄を覚えて、カラオケしなさい。」
若しくは
「カラオケでデュエットしなさい。」
である。

私も、フィリピンの人気バンド
(日本で言うサザンオールスターズなのか?)
Rivermayaの『214』という唄を覚えろ、と命令された。
カラオケで何度も練習を重ねて、いざスナックで
彼女の為にリクエストをすると、その曲が無く
彼女が不貞腐れた顔をしていた思い出がある。

彼女曰く「やっぱりDAMじゃなきゃ駄目。」らしい。

今はスキマスイッチのボーカルが唄う
『ありがとう』が私の課題曲である。
声が高過ぎて、ボイストレーニングが必要だわ、
加齢臭が漂い始めた中年には。

因みに前出の『214』の意味を彼女に尋ねたら
その答えは「あなたバレンタインデー知らないの?」と。

今年のバレンタインデーに貴女に香水あげたじゃんか!
知らない訳ないだろ!
と、心の中で怒鳴った私だった。
posted by ハルゥ at 00:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラブソングならええやん〜(T_T)

僕はいつもtotoy bibboとかitaktak moとか
そんなんばかりです・・・
しかも勝手にカラオケ入れられます(T_T)
Posted by guccha at 2008年06月09日 10:01
guccha氏
)totoy bibboとかitaktak mo
大体この曲を入れてカラオケで唄える貴方が
凄すぎるわ!
このタイトルの意味も解らんがね。
Posted by ハルゥ at 2008年06月09日 23:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98745940

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。