2008年07月15日

モッタイナイ ディバ?

P04-pink.jpg

彼女がお店で着るコスチュームは写真の様な身体に
フィットして、しかもマイクロミニが多い。
生地も身体の線を良く見せるために、薄いテロっとした
肌触りの物が主流である。
その方がお客さんも、素肌に近い感じで喜ぶからであろう。
しかしながら、少ない給料を殆どフィリピンの家族に
送金してしまう彼女らは、ドレスに金をつぎ込む訳にもいかず、
とは言え、同じドレスばかり着る訳にもいかない。

で、どうするかというと、服のリフォームである。
が、しかし、意外とそういう店でも、ちょっとした寸法直し
ですら数千円かかってしまい、彼女らの財布を圧迫する。

そこで、彼女は私に頼んだ。
「知り合いで安く裁縫が出来ない?」と。
たまたま私の職場のアシスタンは、そっち方面の学校を
出ており、見かけによらず(失礼)上手に直す。

「ここ少し短くして、太腿を出したい。」
「胸のここ、少し狭くして。」
「ここスリット入れて。」
という様な注文なら¥400/枚で引き受けてくれた。

その評判が店中のピナに広まり、オイラのアシスタントは
着実にその実力と小遣いを増やしている。

フィリピーナの彼女とその仲間とオイラのアシスタントは
喜び、私の信頼もアップする。
良い事尽くめの様だが、私の彼女の支払いは私がしている。

・・・ま、微妙に納得がいかないが、それも慣れたし。
いいか・・・(涙
posted by ハルゥ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ドレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
喜んだのもつかの間って?w。
Pナと付き合ううえで、「しょうがない」の言葉以上に大事な言葉を私は知らない。
Posted by yamako at 2008年07月15日 00:14
MサイズをXLに直すのもできますかね?
Posted by guccha at 2008年07月15日 09:56
pナからの頼まれ仕事…。
色々、やりましたねぇ(^^ゞ
デジカメの写真プリントから始まって、さよならパーティの
壁に貼る名前の文字印刷。
カラオケの歌詞のローマ字版作成。
CD/DVDのコピーやパソコンの設定…。
内職仕事が多いけど、全部無償奉仕っすねぇ(-_-;)
Posted by YAMA at 2008年07月15日 23:41
yamakoさん
)「しょうがない」の言葉以上に大事な言葉を私は知らない
同義語で「まぁいいか」も登録していいですか?

ぐっちゃん
それはもはやリサイクルとは言いません。

YAMAさん
うわぁ〜他人の様な気がしない(涙
Posted by ハルゥ at 2008年07月16日 21:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102901360

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。